名前の由来

今から20年くらい前のまだ祖母が生きていた頃に、

親族が集まり、福井県の山奥の温泉に旅行に行った時でした。

彫刻家を目指していたその頃の私は、夢中で鉄の彫刻に取り組んでいた頃だったとおもいます。

 

旅館の前の石垣に祖母と腰を下し、母がチェックアウトをするのを待っていた時でした。祖母は私たちが座っている石垣の直ぐ後ろに生い茂る、大きな木を見上げながら

 

「なあ、久美よ。周りの木を見てみぃ。

たった一本の枝だけで立つ木はないやろぅ?

木はた~くさんの、枝を付けて大きくなるんにゃ。

おまえも、た~くさんの枝をこれからつけていかにゃなぁ。」

 

この時、私はとても嫌な気分でした。

夢に向かって突っ走っていたつもりだったから。

ただ一つのことに向かっていくことのなにが悪いのか・・?

 

それから月日が経った後もずっと、この時の言葉が頭の隅にありました。

そしてある時に気が付いたのです。

 

「いつのまにか私にもたくさんの枝がある。」

 

たくさん迷い、遠回りしてきた道

多くの場面で出会った、たくさんの人

これからも広がるたくさんの未来

 

「おおきな木」

 

それは、私が一生をかけて育てていきたい木なのです。

 

そして誰もが、きっと

「おおきな木」を育てていると思うのです。

 

ここで出会う人たちと、一緒に育てていきたいと願いながら・・。

 

 

 

2014年4月

創造アトリエ  おおきな木 / 主宰 ・ 川﨑久美

 

 

 

 

 

 

創造アトリエ「おおきな木」って?

    

copyright © ookina-ki All rights reserved.